メタバースで新しいつながりのカタチ

メタバースクリニック (4)

主催者の想い

テクノロジーで「つながり」を最大化

メタバースを利用し、誰もが安心して繋がれる場所を作りたい。

 

私は、リアルの世界で精神科医として感じてきた問題意識からこのサービスを着想しました。

 

WHOの発表によると、2030年には、うつ病が疾病負荷で世界第一位になると発表されており、全世界的なメンタル不調への解決が急務です。さらに、コロナウイルス感染症の拡大がそれに追い討ちをかけ、未だに先行きが不透明な状況です。そんな中、ロシア・ウクライナ問題により、益々、世界情勢は極めて不透明な状況に突入しました。

 

のような状況下で、メンタル医療の現場で特に痛感してきたのは、人が困難な状況や絶望的な状況にあっても希望を持ち、それでも前を見て進む為に最も有効なソリューションは、治療薬や医療機器ではなく、「孤独の解消やつながり」にあるということでした。

 

ヘルスケアソリューションとしての「つながり」の可能性を、テクノロジーの力で最大化出来ないか?

これが最も根幹にある想いです。

kohekohe